にゃんぴっくわーるど

承認欲求を満たすためにブログ書いてます

Someone tell a lie  about a little mermaid

人魚姫の体は

泡になって海へと溶けていきました。

 

アンデルセンのかく童話、人魚姫の最終。

 

続きがあるの、知ってました?

 

--

人魚姫が海の泡となったその時
お日様の光が
優しく、あたたかくその泡にあたり
人魚姫の泡はどんどん空へと上っていき
空気の精となります。

空気の精が言います。

『わたしたちは、人間の愛などなくても
 永遠に生きられるのよ。
 重苦しい熱病が人間に死をもたらす暑い国へと
 とんで行って、すずしい風をはこぶの。
 空気を花の香りでいっぱいにして、
 安心と癒やしをもたらすの。300年のあいだ
 できるだけ、よい行いをしようとすれば
 不死の魂と幸せを手に入れるのよ。
 かわいそうな人魚さん、あなたも心から
 よい行いをしてきたのね。苦しんで、
 たえて、空気の精の世界にのぼってきたのよ。
 これであなたも、自分の力で不死の魂を
 手にいれられるわ』

そうして人魚姫は空に浮かぶバラ色の雲にむかって
舞い上がっていきました。

--

 

 

アンデルセン童話の中でも

人魚姫はかなり異質なのではないでしょうか。

 

カトリックの宗教文化では、

天国こそ至高至福の場所であり、

生前に善行をおこなうことでこの場所へ行ける、

 

大さっぱに言うとそんな宗教観。

 

 

人魚姫は

 

自己犠牲を突き詰めた結果

 

天国へと行ったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

汝等ここに入るもの一切の望みを棄てよ

f:id:nyanpic:20171014005152j:image

 

 

門をくぐらずとも

あなたの目の前は地獄だ。

正義とはなんぞや

f:id:nyanpic:20171013224455j:image

 

 

 

私の正しさが貴方の正しさとは限らない

 

あなたを好きになるのに理由なんてない。

 

 

 

あなたを嫌いなことに理由なんてない。

取捨選択

ミニマリスト

という言葉を昨今よく聞きます。

 

生活に必要な最低限の衣食住で暮らしていくそんな生活。

 

 

足りない何かをもので補おうとして

河原で拾った石にさえ固執してしまう私には

到底理解できない考え方。

 

自分の命の在り方すら決められない私が

 

何かを捨てることは出来るのでしょうか。